スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< スクエニ KHRe:COM 試遊 | main | 東京ゲームショウ2006 配布物総合 >>

スクエニ 映像関連総合

 
 

KH2FM、Re:COMの声優さんを、自分の耳でわかる範囲で覚え書き。
マールーシャ 池田秀一さん
ゼクシオン 石田 彰さん
ヴィクセン 野沢那智さん
多分合ってると思います…。
他のキャラも喋ってたのですが、自分にはどなたかわからず…(TДT)
ラクシーヌとか素敵な声だったのですが…何分女性の声優さんに弱いもので(つД`;)

っというかっ!FF:U以来、石田さんがスクエニ作品に出演されるのを今か今かと待っていたので、
めさめさ嬉しいですっ♪♪(*´∀`)
次は出演されるかな〜と思ってもリストにいない事ばっかりで(TДT)
しかもKHでゼクシオンを演じられるとはっ!
"最遊記"で八戒さんを演じられていた石田さんにはピッタリの役ですね♪(笑)
何がって、おしんこ漬けてる家庭的な所が…!!(笑)
実は、COMでゼクシオンを見た時から、このキャラに声を付けるなら石田さんしかいないっ!と思っていたのです。
セリフを脳内変換できる程にね…フフ…(怖;)

あとは、マールーシャ大好きなので池田さんで嬉しいですね〜♪
シ○アですょ、シ○ア!!(笑)
策士的な所がピッタリだと思います♪
あと、モーションの度にいちいち花びらが舞ってるのに思わず笑ってしまいました(笑)

どなたもセリフはもちろん、戦闘時のボイスも楽しみです♪♪^^

あと、KH2FMのムービーがいきなり、ロクサスの「俺の夏休み、終わっちゃった…」で始まったので、
泣けました・゜・(ノД`)・゜・
切な過ぎですょ、兄貴!!(誰;)
FMでの追加シーンもいくつか公開になったのですが、
ロクサスとリクが戦うシーンで、自分の内に抑えられた闇の力の事を話し、
目隠しを取りながら「俺が俺でなくなったとしても…」とアンセムの姿に変わるシーンが、
やはり泣けました・゜・(ノД`)・゜・
ちなみにリクはRe:COMの方にも出演!!
扉の前で「この先には何があるんだろう」みたいなセリフを喋ってました。
フルリメイクだけあって、R/Rも3Dで完全再現して下さるみたいです!感謝っ!!・゜・(ノД`)・゜・
FMの方には"Passion"の英語版"Sanctuary"が、
Re:COMの方には日本語版"光"が流れていたのですが、
"Sanctuary"は英語だけあって、宇多田ヒカルではなくUtadaの表記になってましたね。
あと、シークレットムービーの追加シーンもちょこっと。
鎧着たソラ似の少年がシークレットムービーで映っていた地面に放り出されて、鎧が壊れ、顔が半分見えた所で、
こちらに振り返って終わり、という内容でした…。
同時に「あwせdrftgyふじこlp;」みたいな意味不明な言葉の羅列が表示されてたのですが(笑)
並べ変えると何かキーワードになるんでしょうか…。

それから、"すばらしきこのせかい"のムービーがとってもオシャレでカッコ良かったです♪
画伯は、KHでは著作権で自由にできない部分があるので、
この作品では自由に伸び伸びとイラストを描いていらっしゃる、という印象を受けました。
そしてこの作品は音楽がどれを取ってもカッコイイ!(・∀・)
シブヤという舞台とイラストの雰囲気にピッタリ合ってます。
あと、KHで言うリクのポジションに当たるであろう、銀髪の男の子が好きになりそうです;(笑)
ちょっとワルっぽくて自信たっぷりな所がたまらん…!!「シブヤジャックする」とか言ってるし!(笑)
あとは、シキの「私を殺さないで」とか、「連携、行くよ!」という声が、
相変わらずKHでカイリを演じられていた内田さんに聞こえるのですが…;考え過ぎですか(´・ω・`)

そしてCCFF7。これもまた泣けました・゜・(ノД`)・゜・
モンス化してく同僚とか、泣いてるザックスを後ろから抱きしめるエアリスとか泣け過ぎ!!(TДT)
ピンクじゃないエアリスにはちょっと違和感を覚えましたが;(ぇ;
デミ声の鈴村ザックスが最高ですょ!(笑)
「デート1回!」とか懐かしかったなぁ〜♪♪
戦闘はDCで出て来たのと同じ、ガーゴイルやウルフ系の敵をひたすら斬って行くという感じのものが、
映っていました。
あと、最後に出て来たのは…DCのGですか!?っつーか声Gackt!?( ゚д゚)(違うと思うケド;)
でも多分Gですよね…。セフィが"プロジェクト・ジェネシス"とか言ってたし。

あとはFF13ですが、映像の美しさと迫力に鳥肌立ちっぱなしでした(笑)
次世代機とはいえ、ほんとーにあんな感じで戦闘ができるんだろうか…!?
やっぱりスクエニはCG技術の最先端を行ってますねー。
女性主人公は意外性があっていいし、衣装もカッコ良かったです♪
画伯は現代的なデザインもクラシックなデザインもお上手なので羨ましい…。
モバイル向けの主人公はどう見ても顔がソラでしたが(ぇ;

そんな訳で、オープンシアターの方に行っても、ほとんどが「クローズでフルバージョンを上映中!」でしたし;(笑)
"クローズドメガシアター"というよりは"画伯シアター"だった訳ですが(笑)
内容的にはものすごく楽しめました!!
| 東京ゲームショウ2006 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 15:48 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://yuunakisaragi.jugem.jp/trackback/38

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
主催イベント企画



当日のレポート公開中!
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM