スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 東京ゲームショウ2006 総合 | main | カプコン DEVIL MAY CRY 4 試遊 >>

カプコン 逆転裁判4 試遊

 

並んでたらスタッフのお兄さんが"日本ゲーム大賞フューチャー部門受賞"のロゴを貼りにいらっしゃいました。
すげー!( ゚д゚)

試遊できるのは"第1話 逆転の切札"。試遊時間は15分でした。
並んでいる間は、壁に物販で売られている4のTシャツが飾ってあったり、
モニターで特選裁判や裁判長の寝言(笑)、4の予告を流していたりしました。
内装もかなり凝っていて、プレイしている全員が、法廷の傍聴席にいる様な作りになっていました。

音声はヘッドフォンから、操作方法は試遊台の下に貼ってあったのですが、
タッチペンはなく、蘇る逆転と全く同じ操作方法でした。
そして、ニット帽の被告人はなんとなるほどくん…!Σ(゜Д゜;)
どうやらオドロキくんや先生と知り合いの様子。
今は弁護士ではなく、"ボルハチ"のピアノが弾けないポーカー専門のピアニストをやっているとか(笑)
プロとして負けた事はないが、客とは賭け事ではなく、純粋に勝負だけを楽しんでいるのだそう。
ちなみに、カードはイカサマができない様、赤と青の2組のカードが使われていました。
そんな彼に勝とうと様々な客が訪れる中、勝負を挑み、曰く付きの部屋で殴り殺されたのが今回の被害者。
事件について、「今は何も言えない」と黙秘するなるほどくんに対して、
オドロキくんは、「ビンに指紋が残っているが、店で働く以上は当たり前」と言いますが、
亜内検事に、指紋は逆手のものだったと指摘され、逆に不利な状況に追い込まれてしまいます。
しかし、先生は、それでも「大切なのは真実です」と落ち着き払っていて…。

"ゆさぶる"や"つきつける"の説明をするかどうか問われ、あえて聞かなかったのですが、
それでもあまり先へは進めませんでした…;
先生の声が結構美声でカッコ良かったですね♪
しかし、先生の友人というあの被告人がなるほどくんだったなんて…!
前作の登場人物が出るとは聞いていましたが、こんな形でいきなり出て来るなんて本当に驚きました(笑)
オドロキくんは弁護士として有名になったなるほどくんに憧れていたから、彼を知っていたのでしょうか。
きっとそのうち先生となるほどくんが知り合ったエピソードとかも出て来るんだろうな〜。
うぅ〜、続きが気になる〜っ!!・゜・(ノД`)・゜・
しかもなるほどくん、すっかりカッコイイキャラになっちゃっててなんだかショックでした…(TДT)(笑)
やっぱりなるほどくんはカッコ悪くないと…!!(笑)
きっとあのニット帽の下のツンツンに何か秘密があるんだー!と言ってみるテスト(ぇ;
あと、先生に「あまり"大丈夫"を連呼していると誤解を招きますよ」と言われ、
いきなりなるほどくんに名前を間違えられてるのにワロタ(笑)
周りの音声でよく聞き取れなかったのですが、尋問の時の音楽は何やらカワイイものだった様な気がします…。

写真はブースの様子と、体験者プレイで頂けたポストカード。
この法廷の様なブースの両脇で、試遊ができました。
| 東京ゲームショウ2006 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 12:34 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://yuunakisaragi.jugem.jp/trackback/37

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
主催イベント企画



当日のレポート公開中!
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM