スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< カプコン 逆転裁判4 試遊 | main | カプコン 映像関連総合 >>

カプコン DEVIL MAY CRY 4 試遊

  

背景から人物までとにかくきめ細かい表現で、さすがは次世代機といった印象を受けました。
ただ、システム的な部分や動き等は、前作とあまり変わっておらず残念;

並んでいる間は上のモニターで、ステージで流していたのと同じ映像を流していて、
周りに操作説明も貼ってありました。
また、この操作説明は直前にも下敷きで配って下さいました。

試遊はヘッドフォンを着けて10分。
一人ずつ大画面でソファに座っての試遊だったので、3時間半も待ってしまいました;
ただ、内装は"逆転裁判4"同様、かなり凝っていて、
シャンデリアや絵画的に飾ったコンセプトアート等が、かなりクラシックな雰囲気を醸し出していました。
また、小林プロデューサーが常にブースの側についておられて大変そうでした;

操作方法は、
×ボタンでジャンプ、ボタンで剣攻撃、ボタンで銃攻撃、ボタンで右腕での投げ、R1ボタンでロックオン。
R1+左スティック敵方向+で突き、R1+左スティック敵方向と反対+で斬り上げ(更に△で自分もジャンプ)、
R1+任意の方向+×で避け。
剣は4段までコンボ可能で、全ての攻撃が空中でも可能。
走り続けていると途中からダッシュに変わります。
あと、SELECTボタンで挑発が可能。
これが結構長くてスキがでかいのですが、「へっへっへ」とか言っているネロがカワイイ(ぇ;
レッドオーブ、グリーンオーブやその説明も健在で、物を破壊する事でも入手できます。

スタート地点のヨーロッパ風の噴水のある庭園が綺麗でした。
敵はデビル1のマリオネットに少し似た様な敵。
イベントは基本的に敵が出て来る時だけで、敵に囲まれた時も、ネロは余裕といった感じでニヤリと笑っていました。
最後のエリアまで行くと炎のボスが出て来て、"Coming soon..."となり、
ネロのグラフィックと公式サイトのアドレスと共に、"See you in hell."という表示が。

写真は、ブースの様子と体験プレイで頂けたポストカード。
1枚目の写真で手前に赤と青で光っているのがシャンデリア。
奥にうっすらと見えているのが、額縁で飾られたコンセプトアートと、試遊した大画面、そしてソファ。
2枚目の写真が、ブースの隣にあった大きなイメージCGです。これも額縁で飾られていました。
| 東京ゲームショウ2006 | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 13:08 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://yuunakisaragi.jugem.jp/trackback/36

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
主催イベント企画



当日のレポート公開中!
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM