スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!



27日のイベントの前にどうしても見ておきたくて、ギリギリ残ってた1本をレンタル。
発売日に買わないと無理かと思ったので良かった〜♪♪
ゲキレンと2本立てだったのでもっと短いかと思ってたけど、思ったより丁度良い長さだった。
メイキング見てたので、あのシーンはここだったのか〜ってとこがいっぱいありました。
想像以上にテンポが早くてびっくりしたけど;
そして"モモタロスのなつやすみ"はDVDには入ってないのね;トークショーで見ておいて良かった〜。

総合的な感想としては、画質とCGが解像度良すぎて、無駄にカッコええ…!セットとかあれだけよく頑張ったな〜。
良太郎の演技が今と違って見えるのは良太郎の成長の証…?それとも佐藤くんの成長の証…!?
そして大ハナちゃん懐かしい(笑)
全員立て続けにキメゼリフとかフルチャージとか、最終回前に見ると色々と泣ける・゜・(ノД`)・゜・
本編的にはこの後クライマックスフォームが出て来るんだから、上手い持って行き方だよな〜。

ってか牙王、そんな乱暴したら良太郎ヘタレなんだから死んじゃう…;(笑)
小太郎とセットで気絶する良太郎、かわゆいです(>_<)

小太郎は良太郎よりもしっかりしてるし、かわゆいょ…!!
あれはお子様嫉妬する(笑)変身時の音楽がほんとちまちましとるし(笑)
でも良太郎の子供はちゃうやろ(笑)

あと、モモが初めて「リュウタ」って呼んだ(笑)てかピラミッドの事を富士山て;(笑)
「往生際が悪い」が「最後までクライマックスって意味だろ」とか頭悪いにも程がある(笑)
でもいじけたり喜んだり、牙王と戦ってる時必死だったり、一人だけ負けたりとかわゆくて、
モモが好きになる映画だった♪♪

リュウタは初めて銃じゃなくて素手(つかダンス?)で戦ってるとこが見られて満足♪♪
王子に「いい子いい子♪」してるのがかわゆかた♪(*´∀`)
侑斗が連れて来たR良太郎は胸元が肌蹴過ぎで鼻血(*´Д`*)ハァハァ

王子は思ったより出番少なかった;リュウタの腹チラはともかく、登場時腹出てるのはどうかと思う(笑)
つか、入れ物的にどう見てもストローで醤油飲んでる様にしか見えNEEEE!!(笑)
あんなに揺られてるのにずっと飲んでるのは大変だっただろうな…;(笑)
オロナミンCさり気なく宣伝してるし…!(笑)
最初侑斗の言う通り存在意義わからなかったし;
時代劇似合わな過ぎだし(笑)途中どこ行った!って感じだったし(笑)
っつーかヨーロッパ系だと思ってたのに、なんでBGMがアジア系…!?(笑)
あと教養の差に吹いた(笑)

侑斗の出番も思ったより少なくて残念;D侑斗見られなかったし;
でも、デネブが和食以外の料理作ってるの初めて見たよ…!褒められてめっちゃ嬉しそうやったし(笑)
あのフルコースは食べたいわ(笑)

そして、お尻ペンペンしたり尺で殴ったりするハナちゃんは相変わらず鬼畜(笑)
てか姫衣装美人すぎだょ…!もっと見たかった!
やっぱ電王の女性キャラではハナちゃんが一番好きです♪♪アクションもすごい頑張っとったし…!
ただ姫になった後、なんで着てる物まで変わったのかがどうしても解せなかった…;

牙王は食いしん坊万歳である意味おいしい役どころだな(笑)
つーか喰うとか喰わないとかいちいちセリフがエロ過ぎ(笑)そして時々お茶目(笑)
あの衣装と変身音のカッコ良さは反則だろ…!あと全体攻撃も…!!
見る前は渡辺裕之氏の演技とかあまり上手いとは思えなかったけど、見終わったらまぁまぁ好きになれたよ…!
でも、なんで時間に飽き飽きしてるのかとか、変身できるのかとか、その辺の細かい設定が知りたかったな〜。
最終回で出て来ないかな…30分じゃ無理か;
でもあのラスボス級の強さを見ちゃうと、変身もテーマ曲もないカイが、どうしてもショボく見えてしまう;
あと、後でテーマ曲聴いたら悪酔いしそうな音階だた;(笑)うぃ〜お父さん帰って来たぞ〜ヽ(´ー`)ノ的な(笑)

その他細かい所としては、
モモ達が閉じ込められてる時の空気穴にワロタ(笑)ウラがいれば空気穴はいらないだろ(酷)
そしてデンライナーってゼロライナーとも連結できたんだ…!
神の列車については色々とカオス;良太郎の両親は「まぁ!電車…!」とかさすが天然だ(笑)
んでもってお姉ちゃん、両親の絵は似てるけど、画力はリュウタ並み(笑)

陣内智則と星野亜希は本当にちょい役だったので安心した。セリフ棒読み過ぎだし;
| 映画 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ユニコ 魔法の島へ



小さい頃見ていた作品に池田秀一さんが出てたと知って池田ボイス聞きたさにお金払って見てしまった(笑)
そしたら、24年も前の作品とは思えない程絵が綺麗だし、ストーリーも面白い!
展開が早いのに無理がない所がすごい。
小さい頃は寝る前に毎晩(!?)見ていた気がするんだけど、
ククルックとか生き人形とかものっそ怖くて、出て来るとこは目を背けてた記憶が(笑)
まぁそれでも毎晩見てたんだから、怖い物見たさとゆーか、小さい頃から怖い物好きだったのか…?(笑)
確かに今見ても絵がものすごいシュール(笑)
んでもって池田ボイスはいつ聴いてもMOEる…!(*´Д`*)
シャアの頃からマル様まで声質が全く変わってないってゆうのもすごいが…。
またKHのマル様が聴きたくなったお…!
この歳になってから小さい頃見てたアニメでハァハァできるとは思わんかった(笑)
しかしあんなに小さい頃から池田ボイス聴いて育ってたなんて感激だな♪♪
主題歌もFF9と同じ白鳥英美子さんだし、手塚好きでなくともオススメです。
| 映画 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序



観に行ったのは公開日翌日だったのに感想がものっそ遅れてしまった…o...rz
そんな訳でエヴァの新劇場版、一応観に行って来ますた(・Д・)ノ
地域によっては公開日も9月1日からじゃない所が結構あるらしいですね〜。

まずは予告とかで仕入れた映画情報から〜。
自分が気になったものとしては劇場版の"HERO"とバイオ3ぐらいかな…。
"HERO"についてはTVでやってるCMと大して変わらんかったし…。
ところで大塚寧々って結構好きな女優さんなんですが、最近余り出ませんよね…(;´Д`)
バイオ3は11月上旬公開らしい。
あと何故か本編開始直前に流れたドコモダケのCMが偉いシュールだった…(笑)
このカオスっ振りを見ちゃうとエヴァのシュールさとか全く感じられないお(笑)

で、ネタバレのない程度の本編のおおまかな感想。
リメイクでも続編でもない完全新作…という触れ込みの割には、
TVシリーズの総集編というかおさらいの様な内容だった訳ですが、
あえてTVシリーズを予習せずに観に行った自分としては、それでも十分に楽しめました♪♪
当時見ていた時、自分は中学生だったので、どちらかというとシンジくんの視点だったのですが、
今や年齢的にもすっかりミサトさん視点に;(笑)
客層も結構普通…?やっぱり自分より少し上の年齢層の人達が多かったかな…。
あとはカップルとか。隣の席が家族連れだったのには驚いた(笑)
帰りにパンフ買って帰ろうと思ってたら、公開初日から既にすごい人だったみたいで、見事に売り切れだった(´・ω・`)
後から知ったけどどこも売り切れ続出だそうで…o...rz
しゃぁない…電王観に行った時にでもあれば買うか…(それすら観に行けるかどうか怪しくなって参りましたが;)

絵は見えないけどカヲル君。誰がなんと言おうとカヲル君。
描いてるうちにすばせかのヨシュアみたくなった訳だが。
セリフがネタバレなので見たくない方はクリックで拡大しない様にして下さいませ;
(クリックしなくても見えちゃったらごめんなさい;(ぉ))

ここからは本編のネタバレを含むので、まだご覧になっていないという方はご注意下さい。
続きを読む >>
| 映画 | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

エヴァ楽しみー♪♪(*´∀`)wktk



期間限定らしいのでまたしても貼っておく(・Д・)ノシペタペタ
新しいPVとかこの映像見てたら1作目からカヲルくん出そうじゃないか…!!(;´Д`)ハァハァ
うはwwめっさ楽しみになって来たwww(^ω^)
セリフあるといいなー(笑)<カヲルくんの「歌はいいねぇ♪」で石田ファンになったひと
しかし絵キレイだな…。貞本さんのキャラデザやっぱよいよね…!一時期こーゆー絵柄目指しとった…。
てかヤシマ作戦てポジトロンライフルの話…?何話のどうゆう話だったっけwww(ぉ;
テーマ曲もエヴァの世界観ぴったしなのでよいです♪♪
そしてこのCDのジャケットのひっきかわゆす…!!

あーでもエヴァの前に電王観にゆかなきゃ…。
あと劇場版の"HERO"も観たい。けど、金がないので多分澄o...rz
| 映画 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

エヴァ新作。

昨日"Yahoo!ニュース"でたまたま見つけたんですが…エヴァのTVシリーズ、劇場版でリメイクするんですね…!
4部作で1作目は9月1日公開、テーマソングはヒッキーが歌うとか…!Σ(゜Д゜;)
てか、あれだけ有名な作品なのに今まで噂の一つも聞かなかった自分て一体…o...rz
エヴァとかナディアはその昔夢中になって、エヴァに関しては貞本さんの絵が好きでコミック版まで読んだので、
絶対観に行きます!!
しかし懐かしいなー。タイトルに古いカタカナ使ってる所が余計懐かしさを増すというか(笑)
コミック版では結構出番多かったし、カヲルくんの出番が増えている事を切実に希望します(笑)

◆EVANGELION.CO.JP
 http://www.evangelion.co.jp/

◆Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 「ヱヴァ」新世紀 主題歌を宇多田が担当
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000916-san-soci
| 映画 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ぱぱん。

海賊映画3のジャックパパって、"ローリング・ストーンズ"のキース・リチャーズだったんだね…。
いや、出るっていうのは映画観る前から知ってたんだけど、まさかあの役だとは思わんかったょ…!!(笑)
なんでもデップがジャック・スパロウの役作りをする上でキース・リチャーズを参考にしたんだとか。
通りでカッコ良いと思ったお…。
キース自身は最初D社の映画に出る事を嫌がってたらしく、
それが出る事に決まったのもデップの熱心な行動のお陰らしい。

◆eiga.com [必見!注目作特集]
 http://eiga.com/special/show/1261?num=4

続きでWeb拍手HENSHIN!大変お待たせ致しましたっ!(>_<)
続きを読む >>
| 映画 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

海賊映画3を見て参りました!
平田ジャックが好きなのでもちろん日本語吹き替え版で…!
たこマンの声優さんが某機関のNo.2なのも相変わらず(笑)
あと声優さんの中に声優のがっこ行ってた時の先生のお名前があって偉いびっくりした…。

前夜祭&初日の2日間限定という事で、
携帯で色々ダウンロードできるコードが書かれたカードを頂いたのですが、
"カッコイイジャック・スパロウ&素敵なメッセージ"と題された待ち受け画面、
ジャックの写真の下にでっかく「一緒にみようよ!!」とか書いてあったのでワロタ(笑)
あと何故かタコ足で作ったハートの下に「ジャック最高!!」とか…(ノ∀`)
なんなんだコレ…ウケ狙いなのか…!?(笑)

本編の感想ですが、まずはネタバレのない部分から。
これは個人的な総評ですが、ぶっちゃけ2のが面白かった…(´・ω・`)
まぁ可もなく不可もなく、という感じなのですが…。
前半部分は自分にしては珍しく、うっかり眠ってしまいそうになって、必死で目開けてるのがしんどかったです…;
いや、朝に弱い癖に朝一の回を観に行ったのがそもそもの間違いなのやもしれませんが;
寝てしまえる程平坦な展開ってのも正直どうなのかと…(笑)(ノ∀`)
なので、誰がどうなってどっち側に行ったとかいう細かい事はいちいち覚えてません;
前半はちと水上戦が多過ぎます;
欲張らず2で上手くまとめるか、3で前半のうだうだをなくして短くするかして欲しかった…。
あと、前作の様な笑い所が少なかったのも残念。
っというかそもそも、ジャック自体の出番が少ない。
3はどっちかというと、エリザベスが主役という印象が強いです。
役者さんは全員、力を入れて頑張っていらっしゃるのですが…。
ただ、後半ウィルがエリザベスにプロポーズする辺りから、
以前の様にチャンバラも水上戦もバランス良く入り、面白い展開になって行ったのではないでしょうか。
カリビアン恒例のスタッフロールの後のお楽しみも健在ですので、
これから観られる方は是非、スタッフロールになっても席を立たずにご覧になって下さいね(笑)

ここからはネタバレを含むので追記で〜。
続きを読む >>
| 映画 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スパイダーマン3

ずっと観たい観たいと言っていた蜘蛛男3ですが…やっとこさ時間ができたので映画館まで観に行って来ました!
1と2はTVやDVDで見たので、映画館まで観に行ったのは3が初めて。

本編とは違う映画の話になりますが、まずはネタバレのない開始前の予告から(笑)
カリビアン3の予告編がなかなかかっちょ良かったです。
「結婚しよう」と言うウィルに「それ所じゃないわ!」とか答えてるエリザベスワロス(笑)
こちらも明日公開日なので観て来たいと思ってます♪♪
そして何故かペンギンがサーフィンするCG映画(笑)"サーフズ・アップ"。
この予告編で語っている主人公のペンギンの声が、どこかで聞き覚えがあるな〜と思い、帰ってから調べてみた所、
なんとロクサスを演じていた内山昂輝くん…!Σ(゜Д゜;)
やっぱり少し声変わりされたのか、男らしい声になられていたので、まさかと思いましたが…。
相方は全然わからなかったそうで、すごい耳だと言われました(笑)自分でもびっくりですょ…。
しかし主役を取られるなんてさすがですね…!
映画の内容にそぐわず12月の公開ですが(笑)
公式サイトでも映画館と同じ予告編を見られるので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょう。
内山くんの、かなり長い語りというか、セリフを聞く事ができますょ♪♪
それにしても、ここ最近やたらとペンギンの活躍する映画が多いですね…(特にCG;)
映画界は一大ペンギンブームなんでしょうか…?(笑)
他に気になった予告は"トランスフォーマー"と"バイオハザード3"ですかね〜。
"トランスフォーマー"は昔TVで放送してたのを見ていて、声優好きになるきっかけになったから(笑)
バイオ3は、映画の方をずっと見ていて、ミラ・ジョヴォヴィッチが好きなので…。

◆サーフズ・アップ - オフィシャルサイト
 http://www.sonypictures.jp/movies/surfsup/

ここからは映画本編のネタバレになるので、まだご覧になっていないという方はご注意下さい。
続きを読む >>
| 映画 | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

サイレントヒル

これまたレンタルで見たので感想〜。
ご存知有名なゲームを映画化した作品で、出演している役者さんが知らない方ばかりだったのですが、
非常によく作りこまれていて面白かったです!
ただ噂に聞いていた通り、怖いというよりはグロく、残酷な描写が多かったので、苦手な方はご注意をっ;

ストーリーとしては、夜な夜な「サイレントヒル」という名前を口にする夢遊病の娘を助ける為、
母娘で同じ名前の付いた街へと向かうのですが、街に入った途端娘は行方不明に。
更に追い掛けて来た婦警と共に街自体からも出られなくなり、
次々と現れる異形のモノからひたすら逃げながら娘を捜す…。という話。
最初はただそれだけなのですが、娘を捜すうち、主人公である母は次々に不気味な人物達と出会い、
次第に街全体と娘についての謎も明らかになって行きます。

CGの映像がものすごく綺麗で、とにかく最初の灰が降り注ぐサイレントヒルの街並みに感動しっぱなし。
しかし、サイレンが鳴り響くと街並みは一変して一気におどろおどろしい世界へと変貌し、
三角頭や看護婦を始めとするゲームに出て来た様々な敵が次から次へと主人公に襲い掛かって来ます。
この辺もほとんどがCGだと思うのですが、
主人公の役者さんの演技がリアルな事もあって(笑)全く違和感なく溶け込んでいました。
しかしどんな状況に置かれても、最愛の娘を捜し出す為、決してめげない主人公に、母親としての強さを感じ、
最後にはすっかり感情移入してしまいました。

あとは母娘を追って街へ来た婦警さん…!
最初は主人公の事を信じようとせずただひたすら連行しようとするのですが、
途中から協力してくれる様になり、銃も度胸も兼ね備えた力強い助っ人に(笑)
カッコ良くて大好きだったのですが、残念ながら一緒に街を出る事はできず(´;ω;`)
てか、あんな良い人だったんだから殺さなくても良かった気が…・゜・(ノД`)・゜・
てっきり殴り殺されたんだと思ってたので、
せっかくまた出て来たのに、結局あんな残酷な死に方しちゃうなんてショッキング…。
でも主人公がラストで「子供にとって母親は神なのよ」という婦警さんの言葉を思い出してくれたのは嬉しかった♪♪

他にもゲームでお馴染みのだだっ広くてややこしいホテルの平面図が出て来たり、
謎解きっぽぃ要素やアイテムを駆使して進むシーンがあったりと、
ちゃんとゲームを意識して作られているのも良かった。
なんだかゲームの方もプレイしたくなってしまいました(笑)

最後はてっきり母娘揃って家に帰れたのだと思っていたのですが、
相方によれば「家に帰れただけでお父さんとは別世界にいた(あるいは見えなかった)んじゃないの!?」との事…;
むむー;
そう言われてみれば主人公も少女の力がなければ普通に死んでいた訳だし…。そうなのか…!?(@_@;)
どっちみちよくわからんので、どっちとも取れるラストにしたという事で納得しました(それでいいのか…!!
とにかく、
ストーリーはしっかりしているのに、ドキドキする所はしっかりさせてくれる映画で、とても面白かったです♪♪
| 映画 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

レディ・イン・ザ・ウォーター

レンタルでですがやっと見られましたん;
お伽話を忘れてしまった現代人にそれを思い出させてくれる様な現代版ファンタジー物語でした♪

冒頭の「水の精の子供が旅に出ても敵に食べられてしまう」という説明が、
なんとなく海亀の産卵を彷彿とさせました…(ェエ!?;

しかし海外のアパートっていうのはみんな普通にプールとか付いてるもんなのだろうかと思ってしまいましたょ。
夏場しか使えなそうなのに(@_@;)

同じくシャマラン監督作品の"ヴィレッジ"でヒロインを演じていた、ストーリー役のブライス・ダラス・ハワードが、
神秘的な雰囲気を醸し出していて良かったです(・∀・)b
吹き替えで見たのですが声優さんも良かった!

個人的にはアパートの管理人が家族の事を思いながらストーリーを回復するシーンが泣ける。
管理人の家族の事はもっと重要な所で出て来るかと思っていたのですが、こんな意外な使い方をされるとは。
あと作家さんの家は水道代大丈夫なのかと(笑)

普段なら何の関わりもないであろうアパートの住人達が、ストーリーの為に一丸となって頑張る姿は美しかったです。
ラストもあっさりとしていてその後の描写とかは一切なし。
でもその余計なモノを残さない所(正に「発つ鳥あとを濁さず」…!(笑))が自分はくどくどしてなくて好きだな〜。
けど、この辺は賛否両論に分かれる様です。
確かにこの映画だけ見たらちょっと物足りない感じがするのかもしれませんが、
他のシャマラン作品も見ていると、この不思議テイストこそがシャマラン監督の作風なのだと思えます。
| 映画 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
主催イベント企画



当日のレポート公開中!
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM